2009年 02月 17日
フクロウとお地蔵
f0073935_17525321.jpg
f0073935_17533159.jpg
なにやらこれから昔噺が始まるような趣のタイトルですが、そうではありません。





今日の画像は、以前にも札幌円山のカツラの写真を提供して下さった、中学時代の旧友佐藤和男氏から最近メールに添付されて送られて来たもの。二枚とも散歩の途中、同じ円山で撮られたとのよしです。

フクロウの種名はエゾフクロウ。カラス大で本州で見るふくろうより色が淡いそうな。この公園にいるという話は前から聞いていたものの、見るのも撮るのもこれが初めてだとか。なににしても貴重な画像です。(2009/2/12撮影) 

お地蔵は、円山のふもとにある太子堂と、四国八十八箇所を模したような山道の霊場に数体ずつ祀られてあり、有志の手によって帽子や衣が着せられ、写真に見るように、冬季には雪掻きまでされているそうな。(2009/2/15撮影)

静かに雪中にたたずむフクロウとお地蔵の姿にはほのかに通うものがあり、見る人の心を暖かくしてくれます。こんな良い写真をひとりだけで観賞するのは惜しいと思い、氏のお許しを得て、ブログを訪れて下さる全国の皆さまにも、そのお裾分けをする次第です。お楽しみ下さい。
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-02-17 06:58 | 身辺雑記


<< 「ゆきなり」ということば (6)      「あじあわない」という言い方 >>