2009年 09月 19日
帰り花
f0073935_1117067.jpg
上の画像は、このところ毎朝目にする花を一昨日撮ったもの。おそらくクチナシだろうと思います。花図鑑によれば、開花は5~6月頃とあるので、花の時期はすでに終わっています。一輪だけ咲いているところから見てもこれは「帰り花」と呼ぶべきものなのでしょう。



歳時記では、「帰り花」は初冬の季語として扱われ、小春日和の頃に季節外れの花が咲くことを「帰り咲き」「二度咲き」「狂い咲き」などと呼んで、その時期の季題とします。

しかし一般には、いつとは限らずにその時期にはずれて咲いた花を指すこともあるので、ここではそう呼んでもさしつかえないでしょう。

そういう目でみるせいか、花の形までも常軌に外れているような気もしますが、こういう品種があるのかもしれません。どなたかご存じならばご教示下さい。

※ 別室の塔婆守の写真雑記帳を更新しました。
f0073935_11171299.jpg
f0073935_11172413.jpg

  *撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-09-19 08:41 | 身辺雑記


<< いわきの方言 -ブンズいろ(1)-      今朝の散歩道から -スズメバチ- >>