2009年 09月 23日
いわきの方言 -ブンズいろ(2)-
f0073935_6262541.jpg
ネット掲示板「2チャンネル」に次のような報告例を見つけました(以下、この種のデータを「ネット情報」と呼びます)。



 フグスマ県浜通りです
 ぶっつけてできた紫色のあざとか、寒くてかじかんだ唇の色がブンズ色ww
 俺は二十代中盤ですが、子供から爺さんまでいまだに使う言葉w


福島県浜通り地方では「ブンズいろ」が現在でも使われていることを示すものです。

「浜通り」はいわき市と相馬市を含む太平洋沿岸地域の通称ですが、別のネット情報「相馬地方方言集」にも、これと同じ意味に用いる「ブンズいろ」が挙げられているので、この色彩名はこの地域一帯に分布する方言と見ることができます。

一方、これと形のよく似た「ブンドいろ」を使う地方もあります。ネット情報「宮古弁実用会話」には次の使用例が示されています。

 夏、水温の低い海やプールで無理やり遊んでいると、「くづびるが ぶんど色だーが!
 はやぐ上がれ!」と言われたものでした。


また、茨城県大子町に伝わる方言を集めた、ネット情報「大子弁講座」にも同様の例が収められています。

 水浴びばっかしってと、唇ぶんどいろになっちゃうぞ。

このような「ブンドいろ」は、上記の岩手県宮古地方・茨城県大子町のほか、秋田・宮城・栃木・長野などの各県にも広く分布していることがネット情報によって確認されます。

いわき方言の「ブンズいろ」は、このような「ブンドいろ」と類縁関係にある語と考えてよいでしょう。 (この項続く)
f0073935_6265530.jpg
f0073935_6271181.jpg
f0073935_6272767.jpg
f0073935_6295278.jpg

 *撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-09-23 06:23 | 言語・文化雑考


<< いわきの方言 -ブンズいろ(3)-      いわきの方言 -ブンズいろ(1)- >>