2009年 10月 14日
中世の謎から -じゃうり(1)-
f0073935_6243499.jpg
今年のゼミナールは、中世の謎による日本語研究をテーマにしています。今週取り上げた、永正十三年(1516)の年記を持つ『なぞだて』の中に、こういうのがありました。

 よせ手のひがごと    じやうり



現代の謎ならば、「よせ手のひがごと」と掛けて「じやうり」と解く、その心は? と問う形を取ります。この謎では「じやうり」に二つの意味が掛けられていて、そこが謎解きのカギになります。

ならば、その心は? (この項続く)
f0073935_6244657.jpg

 *撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-10-14 06:25 | 言語・文化雑考


<< 中世の謎から -じゃうり(2)-      武蔵国分寺跡散策 >>