2010年 01月 01日
あけましておめでとうございます
f0073935_8412895.jpg
ことしは元日に月食が重なるという史上初の天体ショーで年が明けました。



4時前に目が覚めたので、枕元のミニパソコンでツィッターに入ってネットサーフィンをしていたら、もうすぐ月食が始まるというリアルタイム情報が流れてきたので、さっそく起き出して屋根裏部屋にそれを見に行きました。部分食でしたが、それでも月面の左下が欠けていることは肉眼でもはっきり確認できました。

あり得ないことをいう古いことわざに「みそかの月」というのがありますね。新月からその月が始まる太陰暦では晦日に月を見ることはないので、そこから生まれた言い草ですが、同様に十五夜でなければ見られない月食が朔日に起きることも絶対にありません。

さらに太陽暦が採用された明治以降も元日に月食が起きたことはなかったので、今回の月食は元日に起きた史上初めての月食ということになる。早起きのお陰で思わぬ見物をすることができました。寝床に戻ってからこんな句が浮かびました。

 元朝や月に蝕ある西の窓   宗海

今年もよろしくお願いします。

*撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO 
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2010-01-01 08:39 | 身辺雑記


<< 今日は小寒      文音四吟歌仙「陽だまり」の巻(... >>