2010年 03月 21日
シタダミからフゲシへ -ツィッターの話題から- (7)
f0073935_6341956.jpg
元和三年古活字版『和名類聚抄』には、能登国の郡名「鳳至」に「不布志(ふふし)」の読みが施されているので、私は最初、このフフシが古い形であって、現在のフゲシはこれから転じたものと受けとめました。しかしよく考えてみると、この万葉仮名表記には、いささか不審なところがあります。

お手数ですが、この項の(2)に画像として掲げた「能登国」の記事をもう一度御覧ください。「鳳至」の次に「珠洲」の郡名があり、これに「須々」の付訓が見えますね。現在もそう呼ばれているように、これはスズの読みを示すものです。

ちなみにこの古辞書では、清濁の書き分けをせずにこのように同じ万葉仮名を用います(このことについてはまた別の問題がありますが、ここでは話の錯綜を避けて省略します)。

このスズが「須々」の形で表されているように、同じ仮名で書かれる読みを示す際には、「々」の記号を用いるか、あるいは直前のと同じ万葉仮名を用いるのがこの辞書の方針です。

例えば、漢字表記の同じ地名で、大隅国「桑原」の郡名に「波々(くはばら)」とあるのは前者の例であり、信濃国諏訪郡の「桑原」に「波波」の形で示されているのは後者の例にあたります。

この方針は徹底して守られており、同音節の連続する地名には、必ずどちらかの表記方式による読みが施されています。

ところが「鳳至」における「不布志」の読みには、同じフの連続に対して「不布」という異なる万葉仮名が使用されていて、他の多くの例とは異なる点に不審が残ります。 (この項続く)

今朝は当季の季語にあたる「春疾風(はるはやて)」が列島を吹き抜けていきました。皆さんのところには被害はありませんでしたか。

私のツィッターログへは こちら からどうぞ。

*撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2010-03-21 06:34 | 言語・文化雑考


<< 昨日は卒業式      シタダミからフゲシへ -ツィッ... >>