2006年 03月 28日
銀座の画廊に行ってきました
f0073935_1743870.jpg
 なぜそういうことになったかというと、来日するまでキムセンセ(写真左)が勤務していた韓国湖南大学校の招聘教授で、抽象画を専門とする具萬采(Koo Man Chae)画伯(写真右)の展覧会が開かれることを、キムセンセから聞いたから。
 具画伯とは、2004年9月韓国光州市ではじめてお会いして一緒にお酒を呑んだことがあり、そこですっかり意気投合して、それ以来再見の機会を楽しみにしていました。



f0073935_1821710.jpg
 会場は銀座三原橋交差点近くの「アーチストスペース」。こぢんまりとした快適な空間の画廊です。
 この写真は、その展示作品中の二点。前の写真に写っているのを含めた一連の作品は、"花を開かせる力"をテーマとしたものだそうで、ちょうど今ごろの季節にぴったりの画題です。ワタシは抽象画はよく解らないけれど、色彩の鮮やかさと軽妙なタッチが印象的でした。

 展覧会は4月1日まで開催されているので、もし銀座に出かけるようなことがあったら、気軽に覗いてみてください。

*撮影場所:東京都中央区銀座6-13-4 長山ビル3F
*撮影機材:R-D1+NOKTON classic SC 40mmF1.4
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-28 18:18 | 身辺雑記


<< こぶし(辛夷)      博士号授与を祝って乾杯 >>