2006年 08月 08日
角館武家屋敷
f0073935_6474933.jpg
みちのく旅行写真その3は、第一日に盛岡から観光バスで秋田に向かう途中立ち寄った、角館の武家屋敷です。
ここは「みちのくの小京都」と呼ばれるだけあって、佐竹氏の城下町として栄えた当時の面影を今に留めています。



30年ほど前の冬にゼミの学生たちと訪れたことがあり、記憶の中にはそのたたずまいが保存されていたのですが、その印象よりも道幅がずっと広いことに気づきました。もっともその時は雪が積もっていたので、その分道幅が狭く感じられたものと思われます。

「岩橋家」の標示板がある屋敷は、中級武士の居宅にあたる家屋で、松竹映画「たそがれ清兵衛」の撮影場所にも使われたところです。

道沿いには枝垂れ桜の大木が立ち並び、花の季節の景観はさぞや見事なものであろうと思われました。

f0073935_785197.jpg

f0073935_6531499.jpg

f0073935_6534939.jpg

f0073935_6541461.jpg

f0073935_6542856.jpg

*撮影機材:R-D1+NOKTON classic40mm(SC) f1.4
        (2枚目)RICOH GR-DIGITAL 28mm f2.4
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-08-08 07:32 | 身辺雑記


<< 六郷湧水群(その1)      山形花笠まつり >>