2007年 04月 03日
ソウル-東京 友情ウオーク
f0073935_7555826.jpg
21世紀の朝鮮通信使」というタイトルを冠した標題の催しが始まりました。



朝鮮からの公式使節団「朝鮮通信使」の江戸期における第1回来日から数えて、今年が400年目にあたるのを記念して、往時の通信使たちが歩んだソウルから江戸までの道筋をたどる、日韓両国の有志の企画によるソウル-東京間友情ウオークが、4月1日にソウルのクァンファムン(光化門)前をスタートしました。

私がこの催しのあることを知ったのは、3月29日、いわき市に帰省した折に、弟妹たちと昼食に入ったお寿司屋で、すでに面識のあったそこのご亭主Oさんの話にこの件が出たからです。

前々回の帰省の折、初めてその店でお会いした時、どことはなしにOさんのお人柄に心惹かれるものを感じて、次に帰省した折にはぜひまたここを訪れたいと願っていました。昼食を済ませた後、カウンターのOさんと立ち話をしていると、実は明日から50日ほど店を休むところでした、とのこと。

これはうまい日に来たものだと思いながら、どこかにご旅行ですか、と尋ねると、実はかくかくしかじかの催しがあって私もそれに参加することになりました、との仰せ。頂いた名刺には漢字とハングルで書かれた名前と、上記の催事タイトルが印刷されていました。

実は私も昨年3月、朝鮮通信使の通詞養成を目的として朝鮮で印刷された、日本語教科書『捷解新語』4種の仮名書き本文を対照させたテキストを出版したことがあり、その縁につながるお話なので、手短にそのことを申し上げて、韓国の方々とお会いになったら、その歴史的文献のことを話題にして下さるよう、書名を記したメモを添えてお願いしてきました。

まことに奇遇としか言いようがありません。Oさんが帰国される5月中旬過ぎには、そのお話を伺いに改めていわき市を訪れたいと願っています。

なお、この催しに参加されている金井さんの日記日程表もご覧下さい。
f0073935_7562725.jpg
f0073935_756524.jpg
f0073935_7571111.jpg
f0073935_7572568.jpg
f0073935_757427.jpg
f0073935_7575313.jpg

  *撮影機材:R-D1+NOCTILUX-M50mm f1.0(2nd generation)
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-04-03 07:01 | 身辺雑記


<< 花の雨      今日でお別れ・・・ >>