2007年 04月 19日
授業が始まりました
f0073935_6201970.jpg
先週の水曜日から授業が始まり、おとといの火曜日で時間割が一巡しました。



今年のゼミも例年どおり火曜日の2時限。最初の時間なので、ゼミ生全員の自己紹介と年間計画の説明をした後、3年次生を主体とするゼミ委員を選出しました。上の画像はその一コマです。

私の所属する日本語学専攻では、1年次から専門科目のいくつかを選ぶことができます。
水曜3時限「日本語の歴史資料研究」もその科目の一つ。
今年は私の『やまとことばの散歩道』(リヨン社)をテキストに、日本語史に関する講義をする予定です。
最初の時間に出席カードを数えてみたら、100枚を越える数になりました。
これまでにない受講者数で、急遽教室を大部屋に変更するという羽目に立ち至りました。

きのうの授業では、固有日本語にあたるやまとことばではラ行音が語頭に立つことはなかった、という事実に触れたのですが、ついでにそのことを体験的に認識してもらうために、なるべく大きな辞典を使ってラ行音で始まるやまとことばを探し、その結果を報告する、という小レポートを課すことにしました。

これはそんなに簡単には見つからないはずです。
あるとすれば、「ルンルン気分」の「ルンルン」のような、ごく新しいやまとことばが中心になると思われますが、はたしてどんな例が報告されるか、とても楽しみです。
f0073935_6244739.jpg
f0073935_6245780.jpg
f0073935_625599.jpg
f0073935_6251560.jpg
f0073935_6252413.jpg

 *撮影機材:RICOH GR-DIGITAL 28mm f2.4 (1枚目)
         R-D1+NOCTILUX-M50mm f1.0(2nd generation) (2~6枚目)
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-04-19 06:31 | 身辺雑記


<< ソウル~東京 友情ウォーク(再続)      「よか」という助詞(4) >>