2007年 05月 19日
ソウル~東京 友情ウォーク(終)
f0073935_7214985.jpg【左の画像はソウル~東京 友情ウォークのサイトより引用しました】

江戸期の第1回朝鮮通信使来訪時から今年が400年目にあたるのを記念して、日韓双方のメンバー合同で行われた、ソウル~東京間の友情ウォークが、全行程1129㎞を走破して、5月17日、往時の江戸城ゆかりの皇居前にゴールインしました。ウェブサイトのトップページにはその画像もアップされています。



4月1日にソウルを出発してから、5月17日まで、途中の休養日4日を除くと、一日平均26㎞を歩いたことになります。参加者の平均年齢が65歳ということを考えると、かなりの強行軍だったように思われます。

この催しの一部始終をサイトに報告された金井さんによれば、足を痛めたウオーカーが韓国の病院で治療を受けた際に、このウオークの目的を聞き、「みなさんの行為を支援します」と診療費を無料にしてくれるケースがたびたびあったということです。

「通信使」という呼称に用いられた「通信」とは、現代語の《通信》の意ではなく、両国間の《(よしみ)をずる》の意を表す言葉です。このような草の根運動が すなわち善隣友好の心を育てる大きな礎になるものであることは疑いの余地がありません。여러분의 위업에 경의를 나타냅니다.(皆さんの偉業に敬意を表します。)

今朝は6時過ぎにいつもの給餌場所に行くと、すでに城尾さんが待っていました。煮干しを与えると、その気配を察して他の常連3匹も現れました。

どうやらにゃんこたちは煮干しの貰える場所と時間を覚えた様子です。
f0073935_7415869.jpg
f0073935_742977.jpg
f0073935_7422578.jpg
f0073935_742369.jpg

  *撮影機材:R-D1+NOCTILUX-M50mm f1.0(2nd generation)
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-05-19 07:21 | 身辺雑記


<< 淺草三社祭      誰がこんなことを・・・ 【加筆アリ】 >>