2007年 09月 16日
「あわただす」という言い方 (2)
f0073935_7585190.jpg
昨日引用した「セーラー服と機関銃」の歌詞に出る「あわただした」の例について、いささか考えを変えるところがあり、当該箇所に改訂を加えておきましたので、お手数ながらそちらもご覧ください。考えを変えたのは次の点です。



昨日引用した初めの2例、

 ① 軽くあわただしていて

 ② 東京であわただした翌日

これらはそれぞれ、「あわただし」の次に助詞「て」や助動詞「た」が接続する形なので、文法的には動詞「あわただす」の連用形と見なすことができます。

これに対して、「セーラー服と機関銃」の歌詞、

 ③都会は 秒刻みの あわただした
   恋も コンクリートも 籠のなか

この「あわただした」を、次行に続けて「あわただした恋も…」と歌ったものと見るならば、上記②の例と同じく、助動詞「た」を伴った動詞の連用形と解されることになりますね。

私も、初めはそのように考えていたのですが、それよりも、この歌詞は「あわただした」でいったん文を終止させたものと見た方がよいと、考えを改めるに至りました。

それは、次のような使用例が別にあることに気付いたからです(以下、便宜的に前の例に続く通し番号を施しておきます)。

 ④もうすぐ春節なので大晦日のあわただしたが伝わってきます。

 ⑤なにか年末のあわただしたを感じるような、複雑な情景ですね・・

 ⑥あわただしたさが増す今日この頃.

どれもブログ記事から引用したものですが、④・⑤は「あわただした」を名詞として用いています。さらに⑥の例は、念の入ったことに、「あわただした」の後にさらに「さ」を重ねた名詞形を用いています。

これらの例はいずれも、規範的には「あわただしさ」の形が期待されるものです。

このような例が存在することをふまえて、「セーラー服と機関銃」の歌詞に用いられた「あわただした」も、これを名詞形と見て、ここで文が切れるものと解するのがよかろうと考えた次第です。

つまり、これまでに取り上げた「あわただした」には、

 A) あわただし(動詞)+た(助動詞)
 B) あわただした(「あわただしい」の名詞形に相当する語)


の2種が含まれていたわけです。 (この項続く)

昨日は久しぶりに吉祥寺で買物をしてきました。しばらく出番のなかったクラシックレンズと交換してスナップを撮ってきたのですが、改めてその柔らかな描写の味に感じ入りました。もう少し出番を増やしてやらないといかんなぁ。
f0073935_7591155.jpg

f0073935_7592213.jpg

f0073935_7593694.jpg

  *撮影機材:R-D1+SUMMICRON50mm f2.0 (沈洞式)
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-09-16 07:52 | 言語・文化雑考


<< 四酔会連句興行録(2007.09)      「あわただす」という言い方 (... >>