2008年 06月 07日
花の名前 -ビヨウヤナギ(1)-
f0073935_6421151.jpg
 
 水辺の未央柳は揺れ易し       清崎敏郎


昨日と今日の最初に掲げたのは、標題のビヨウヤナギの画像です。
これからしばらく、この花の名前について考えていきたいと思います。



この花の名には、よく分からないところが二つあります。

 1)ヤナギでもないのになぜ「柳」と名付けられたのか。
 2)漢字表記の「美容柳」「未央柳」はどちらが本来のものなのか。


これらの点に関して、10年ほど前に出版された歳時記には次のようにあります。

(ビヨウヤナギという)名は、長楕円形の葉がヤナギのようであることと美しい花にちなみ、美容柳の意味だといわれる。(『草木花歳時記 -夏-』<朝日新聞社>・1999.3)

確かに、この葉の形は柳に似ていないこともありません。しかし、ひと目見て、即座にそれを連想するほど似ているとはどうしても思えません。

また、上記の引用箇所の後に「未央柳とも書かれる」とあるところから見ると、どうやら「美容柳」が本来の漢字表記だと考えられているふしがうかがわれます。だからこそ「美しい花にちなみ、美容柳の意味だといわれる」としたのでしょう。ここには、「美容」という漢字表記をあまりにも安易に受け入れてしまった結果があらわれているように思われます。 (この項続く)
f0073935_6574448.jpg
f0073935_658631.jpg
f0073935_6581554.jpg

  *撮影機材:RICOH GR-DIGITAL 28mm f2.4(1・2枚目)
         R-D1+NOCTILUX-M50mm f1.0(2nd generation) (3・4枚目)
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2008-06-07 06:54 | 言語・文化雑考


<< 花の名前 -ビヨウヤナギ(2)-      仲夏の入り >>