2008年 10月 20日
「ながめつすがめつ」 (1)
f0073935_20402587.jpg
先日届いた「読書人の雑誌 」(講談社)の11月号を拾い読みしていたところ、次の箇所に目がとまりました。



 二枚並べられた写真のそれぞれに写る塀が写真と写真のあいだに作り出す三角形の空間を、すんなり飲み込むことがどうしてもできなかった。
 しばらくながめつすがめつして、私はあることに気がついた。そうだ、二つの写真を背中合わせに貼り合わせてしまえばよいのだ。

       (福岡伸一「世界は分けても分からない/第六回/トランス・プラテーション」より)

私は、ここに引用した箇所の下線部の表現に違和感を覚えたのですが、皆さんはどうでしょうか。 (この項続く)

今日の三枚は、いわき駅前付近の夜の画像。フラッシュなし、絞り解放のf1.4で撮りました。
f0073935_203897.jpg
f0073935_20403854.jpg

*撮影機材:R-D1+NOKTON classic40mm f1.4 (S・C)
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2008-10-20 20:29 | 言語・文化雑考


<< 「ながめつすがめつ」 (2)      いわき市から戻りました >>