<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 31日
こぶし(辛夷)【続】
f0073935_80369.jpg 前回の記事の中で、かつてはコブシの実が食用に供されていたことに触れました。記事をブログに上げた後、それがいつ頃までそうだったのかを確かめたくなり、『邦訳日葡辞書』(1603)を調べてみたところ、次のような記述がありました。
  Cobuxi. コブシ(辛夷) ある薬草の根.
  この辞書は、室町期の日本語について調べる場合などには絶大な効力を発揮しますが、草花の名などに関する語義解説は、ここに見るように、いたって簡略に済ませるのが通例です。そればかりではなく、時に誤った解説がなされていることもあります。

 コブシに関するこの解説も、そのような事例に属するものの一つです。どう考えてもコブシを「薬草」とするのは変だし、コブシの有効成分は、「根」ではなくて「実」にあるはず。前回引用した『和名抄』には「其ノ子(=実)、之ヲ噉(くら)フベシ」とあり、実を食用としたことを示しています。日葡辞書の記事は、明らかにコブシを何か別の薬用植物と取り違えたものです。
 この誤りがどういう事情によって起きたのかはわかりません。しかしそれでもなお、中世末期まではコブシが薬用殖物として認められていたことを示している点には、注目すべきものがあります。

 ところで、コブシの漢字表記に「辛夷」を用いるのは、ツクシを「土筆」、クルミを「胡桃」と書くのと同じく、中国製の熟字を和語の表記に流用したものです。ところが、『日本国語大辞典(第二版)』によれば、「辛夷」というのは、本来はモクレンの漢名だったもので、それを日本ではコブシの漢字表記に慣用的に用いたとあります。

 コブシとハクモクレンの酷似性は、なんと、この花の漢字表記にまで及んでいたわけです。

(この写真は、記事の内容とは一応無関係ですが、強いて関連性を求めるならば、屋根の白と車体の茶色がコブシを連想させたということになりましょうか。俳諧の「付け」の手法と似てますね)

 *撮影機材:R-D1+NOKTON classic SC 40mm f1.4
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-31 08:24 | 言語・文化雑考
2006年 03月 29日
こぶし(辛夷)
f0073935_7541968.jpg 木に咲く花が好きです。

 今朝は6時過ぎにカメラを下げて散歩に出た道で、近くの家の庭に咲くコブシの見事な白に出逢いました。

 これとよく似た花に白木蓮があります。見るたびに、これはコブシかハクモクレンかといつも迷うので、ネット上で「こぶし」を検索してみたところ、花の下に小さな葉っぱが付いているのがコブシ、それの無いのがハクモクレン、という見分け方を教わりました。
 よぉし、これなら大丈夫、これからは間違えないぞ、とは思ったものの、考えてみれば、これは近くに寄ることができてはじめて効力を発揮する判別法で、車窓などから遠くにある木を見つけた時などには効き目がなさそう。

 コブシという名は、この花のつぼみの形が、人間の握りコブシに似ているところから来たという語源説が定着しています。
 ちなみに、平安時代の分類体辞書『和名抄』には、飲食部「辛夷」の項に「ヤマアララギ」、さらにその別名として「コブシハジカミ」の名が見えます。これが草木部ではなくて飲食部に分類されているのは、この木の実が香辛料として用いられたからで、上記の古名に含まれる「アララギ」や「ハジカミ」もまた、同じ用途に供された植物名にあたるものです。
 つまり当時は「花より団子」だったというわけですが、それはそれとして、この辞書の記事から、初めはこんなに長い名前だったことが知られます。後世それが省略されて、単にコブシと呼ばれるようになったのでしょうね。

 いくらこの花のつぼみが握りコブシに似ているからといって、初めからいきなりコブシと呼んだのだとしたら、それはあまりにミもフタもない安易な命名法というもの。この高貴な花に対して申し訳が立ちません。
 
*撮影機材:R-D1+SUMMARON MLmount 35mmF2.8
 
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-29 08:37 | 言語・文化雑考
2006年 03月 28日
銀座の画廊に行ってきました
f0073935_1743870.jpg
 なぜそういうことになったかというと、来日するまでキムセンセ(写真左)が勤務していた韓国湖南大学校の招聘教授で、抽象画を専門とする具萬采(Koo Man Chae)画伯(写真右)の展覧会が開かれることを、キムセンセから聞いたから。
 具画伯とは、2004年9月韓国光州市ではじめてお会いして一緒にお酒を呑んだことがあり、そこですっかり意気投合して、それ以来再見の機会を楽しみにしていました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-28 18:18 | 身辺雑記
2006年 03月 27日
博士号授与を祝って乾杯
f0073935_6135257.jpg 向かって右にいるのは、来年度ワタシの代わりにゼミをお願いすることになった、ご存じキムセンセ(これこれ、○○クン、声色など使ってはあかんぜ ^^;)。左側は、学生諸君は知らないと思うけれど、今から15年前に大学院鈴木ゼミに入り、今年度博士論文を提出して、つい先日の24日に博士号を授与された韓国建陽大学校の尹(ユン)センセです。長い間のたゆまぬ努力が実り、この日晴れの舞台に立つに至りました。

 神田校舎で行われた博士号授与式の後、キムセンセの家で着替えた二人と同行して、またまた吉祥寺に繰り出して腹ごしらえをした後、とある地下の隠れ家で祝杯をあげたという次第。

 このところバーの写真が続くので、しょっちゅう通っているように思うかもしれないけれど、そんなことは有馬温泉、普段は日本酒の飲める場所が大の好き。ただ、男同士で静かに話をしたいという時には、賑やかな店よりもこういうところがいいですな。ボリュームを絞った静かなジャズが流れる地下の空間は、語らいの場所としてまことにふさわしい。

 かくして春の夜はゆったりと更けて行ったのでありました。

*撮影機材:RICOH GR-DIGITAL 28mm f2.4

       
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-27 06:16 | 身辺雑記
2006年 03月 26日
こういう本を出しました
f0073935_7272538.jpg 今月、専修大学出版局から出版した『四本和文対照 捷解新語』の表紙写真です。

 この文献は、朝鮮李王朝時代、日本側との交易や政治的交渉などに従事する日本語通詞を養成するための教科書として編まれたもので、当時の話し言葉(「狂言」のせりふのスタイルとほぼ同じ)で書かれた日本語文を中心に、ハングルによる発音注記と朝鮮語訳が行間に記されています。

 その4種類あるテキストの本文中から、日本語で書かれた部分だけを抜き出し、本文の異同が一目で解るように対置させて飜字したもので、中世末期から江戸前期における日本語の話し言葉の変遷をうかがう資料として利用することができます。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-26 12:06 | 身辺雑記
2006年 03月 23日
今日は晴れの卒業式
f0073935_6273343.jpg


続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-23 06:39 | 身辺雑記
2006年 03月 21日
日語専攻ゼミ卒業生合同親睦会
●楽しさに寂しさ隣る春の宵     宗海
f0073935_171532.jpg

日本語学専攻のページに載せたのとは別バージョン。
続けて撮った2枚だけど、ビミョーに違います。
  *標題句の「隣る」は「隣り」の動詞形。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-21 17:03 | 身辺雑記
2006年 03月 19日
春蝉合宿番外編
●地口行燈
f0073935_675166.jpg

合宿の呑み会の席で、「地口行燈」の話をしたのを覚えてますか。
その時話題に取り上げた「地口」が、上の写真に見えます。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-19 07:23 | 言語・文化雑考
2006年 03月 15日
春蝉合宿(軽井沢セミナーハウス)
●まだありました
f0073935_8212332.jpg


続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-15 08:35 | ゼミ行事
2006年 03月 15日
春蝉合宿(軽井沢セミナーハウス)
●お待たせ~
f0073935_6391473.jpg

この写真を見てたら、こんな句が浮かんできました。

  中辛も劇辛もありキムチ鍋    宗海

「キムチ」は冬の季語だけど、大目に見てね。     
ちなみに私はモチロン激辛鍋組でした。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-03-15 06:42 | ゼミ行事