<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2007年 07月 31日
いわき市より
f0073935_7303087.jpg
ただ今、いわき市内からアクセスしています。夏期休暇直前の入試関連の業務から解放されたので、さっそく帰省しました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-31 07:24 | 旅行
2007年 07月 27日
肝心カナメ(8) -完-
f0073935_851094.jpg
これまで見てきた文献のうち、使用年代が明らかで、《扇のかなめ》を指す語形としてもっとも古いのは、『大蔵卿行宗卿集』に出てきたカノメとカニノメです。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-27 08:03 | 言語・文化雑考
2007年 07月 26日
肝心カナメ(7)
f0073935_7525769.jpg
昨日引用した『日葡辞書』には、その刊行の翌年(1604)に「補遺篇」が追加されましたが、その中には次の一項が加わっています。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-26 07:50 | 言語・文化雑考
2007年 07月 25日
肝心カナメ(6)
f0073935_714979.jpg
《扇のかなめ》を指す古語カノメをめぐって、もう少し寄り道をします。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-25 07:11 | 言語・文化雑考
2007年 07月 24日
肝心カナメ(5)
f0073935_1651868.jpg
前回引用した『大蔵卿行宗卿集』の冒頭には、この歌集の成立した年代を示す「長承元年(1132)十二月」の文字が見えます。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-24 16:07 | 言語・文化雑考
2007年 07月 23日
ちびトラ健在
f0073935_7313437.jpg
一月ほど前にご紹介したちびトラが、あれからずっと姿を見せないのが気がかりでしたが、今朝は常連にゃんこたちが煮干しを食している気配を察知したのか、物陰からひょいと姿を現しました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-23 07:31 | 身辺雑記
2007年 07月 21日
肝心カナメ(4)
f0073935_5521598.jpg
《扇のかなめ》を指すカノメの語源解には、これまで取り上げた「鹿目」「蚊目」のほかに、もう一つ別のものがあります。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-21 05:52 | 言語・文化雑考
2007年 07月 19日
肝心カナメ(3)
f0073935_7464336.jpg
前回は《扇のかなめ》の古い語形と見なされるカノメが、漢字で「鹿目」と書かれた例を取り上げました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-19 07:48 | 言語・文化雑考
2007年 07月 17日
肝心カナメ(2)
f0073935_505536.jpg
カナメの前身にあたると思われるカノメという語を漢字で表記した古い例は、文明十六年(1484)に成立した、五十音順の意義分類体辞書『温故知新書』のカ部器財門に見ることができます。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-17 04:57 | 言語・文化雑考
2007年 07月 14日
肝心カナメ(1)
f0073935_64831.jpg 与一、鏑(かぶら)を取ってつがひ、よっぴいて、ひゃうど放つ。
 (中略)浦響くほど長鳴りして、あやまたず扇のかなめぎは
 一寸ばかりを射て、ひいふっとぞ射切ったる。

                        (平家物語・巻十一)

『平家物語』の中でもよく知られた、那須与一が平家の船に掲げられた扇の的を見事に射抜く場面。「鏑(かぶら)」というのは、放たれた時に高い音が出るように、小さな穴のあいた空洞のある丸い矢尻を付けた矢のことで、その形が野菜のカブラの根に似ているところから、そのように呼ばれます。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-14 06:02 | 言語・文化雑考