「ほっ」と。キャンペーン
2010年 02月 23日
「つぶやく」ということば(4)
f0073935_5582073.jpg
文学史で仮名草子と呼ばれるジャンルに属する『竹齋』という作品の天和三年(1683)版に次のような例があります。

 ひとり かべにむかひ 九年めんぺき(面壁)の思ひをなし ぶつぶつとひとりごとをいひける内に
 程なく夜も明にけり
 (岩波文庫本による)

ここには現代語と同じ「ぶつぶつと」の形が用いられています。

この文献は、前回引用した『玉塵』よりもおよそ60年ほど後に成立したものですが、両者の使用例から、このオノマトペには、ほぼ同じ時代に「つぶつぶ」とは別に「ぶつぶつ」の形も存在していたことが知られます。

さらにまたこの両形併存の状況は、このオノマトペから派生した動詞についてもうかがい見ることができます。前回引用した『日葡辞書』には次の二つの記事があります(『邦訳日葡辞書』<岩波書店>による)。
f0073935_623677.jpg
f0073935_632415.jpg

これによれば、当時は「つぶやく」と並んで「ぶつやく」の形も存在していたこと、また後者の語義解説に見るように、「ぶつやく」よりも「つぶやく」の方を正統な形と見なしていたことが知られます。

結局、動詞では「つぶやく」の方が後世に受け継がれたのに対して、副詞ではその同類にあたる「つぶつぶ」ではなしに、もう一方の「ぶつぶつ」が生きながらえたことにより、現代語における動詞と副詞との間に語形上の不整合をもたらす結果を招いたわけです。 (この項終り)
*撮影機材:R-D1+SUPER ROKKOR45mm f2.8
[PR]

# by YOSHIO_HAYASHI | 2010-02-23 06:03 | 言語・文化雑考
2010年 02月 21日
「つぶやく」ということば(3)
f0073935_637575.jpg
前回まで取り上げた「ささやく」「かかやく」と同じく、「つぶやく」もまたその前部要素「つぶ」はオノマトペであり、これに接尾語「やく」が結び付いたものと考えるのがよいでしょう。

ただしそのためには、「つぶ」の形を取る擬態語が存在することを確認する必要があります。

「つぶ」の派生語には、その反復形にあたる「つぶつぶと」という副詞があります。『時代別国語大辞典 室町時代編』(三省堂)によれば、この語は中世に次のような意味に用いられました。

 ① 粒状のものが、いくつも集まっているさま。
 ② 物がいくつにも分節されるさま。
 ③ 事が、とぎれとぎれに、続けられていくさま。
 ④ 口の中ではっきりしない口調でとぎれとぎれに何かを言い続けるさま。
 ⑤ 胸がどきどきするさま。


この中の④が「つぶやく」の「つぶ」に通じるもの。上記の辞書は次の例を引用しています。

 豆ハ カマノ中ニニラレテ、カナシガツテ ツブツブト ナクヤウニ ニユルゾ(玉塵 四十七)

「つぶ」が上記④の意味を表す擬態語であることは、このような例によって裏付けられます。

ところで、現代語ではこういう意味を表すオノマトペとして、「ぶつぶつとつぶやく」のように「つぶつぶと」ではなしに「ぶつぶつと」の形を用いますね。この背後にはどんな事情が隠れているのでしょうか。 (この項続く)

昨日は好天に誘われて久しぶりに井の頭公園に足を運び、ついでにこれまで入ったことのなかった自然文化園の中にある水鳥や水生動物の飼育館を見学してきました。
f0073935_6372368.jpg

*撮影機材:R-D1+SUPER ROKKOR45mm f2.8
[PR]

# by YOSHIO_HAYASHI | 2010-02-21 06:37 | 言語・文化雑考
2010年 02月 19日
「つぶやく」ということば(2)
f0073935_7143660.jpg
「つぶやく」における接尾語「やく」は、「かがやく」にも含まれています。

この動詞は、近世前期のころまではその第二拍が清音で「かかやく」の形を用いていました。次に掲げる『日葡辞書』(1603年刊)の見出し語カカヤクとその複合語群はこのことを示すものです(画像は『邦訳日葡辞書』<岩波書店>による)。
f0073935_7133725.jpg

この「かかやく」の「かか」もまた、「ささやく」の「ささ」と同様に、同音反復形を用いたオノマトペと見ることができます。

ところでこの「かか」という構成要素は、間に促音をはさんだ「かっか(と)」の形で現代語に存在します。

現代では「火がかっかと燃える」「体がかっかとする」などのように、「と」を伴った形の副詞として、《勢いよく燃える様子》や《熱を持ってほてる様子》などを表すのに用います。

しかしこの語は、中世のころにはこれとはいささか異なる意味に用いられました。1586年ごろから1599年の間に成立した禅門抄物の『巨海代抄(こかいだいしょう)』には次の例があります。

 海底の珊瑚枝まで日がかっかと照らして

ここに用いられた「かっかと」は、《明るく輝く様子》の意を表しています。現代語ならば「日がかっと照らして」の形を用いるところですが、この語の原義はこのようなものであったと考えることができます。

つまり、「かがやく」の古形「かかやく」の前部要素「かか」は、照り輝くさまを表すオノマトペであり、現代語に伝わる「かっか(と)」は、古代人が光り輝く状態を「か」の音によって象徴的に表した擬態語を今に伝えるものであったというわけです。 (この項続く)
f0073935_7145187.jpg

*撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
[PR]

# by YOSHIO_HAYASHI | 2010-02-19 07:06 | 言語・文化雑考
2010年 02月 17日
「つぶやく」ということば(1)
f0073935_17155477.jpg
このところ急速な普及ぶりを見せているコミュニケーションサービス ツィッター(Twitter) の原義は《さえずり・おしゃべり》ということですが、一般には「つぶやき」と訳されています。

続きはこちら・・・
[PR]

# by YOSHIO_HAYASHI | 2010-02-17 17:10 | 言語・文化雑考
2010年 02月 13日
だるまさんがころんだ…
だいぶご無沙汰しました。

このところ研究室明け渡しに向けた片付け作業に追われて、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。もっとも、目下の関心がツィッターに向いているという事情もあることはありますが…(笑)

今日はそのツィッターで拾った話題をひとつ。


上のYou Tube動画は日本人の制作によるもので、1月8日の「放生」の記事で紹介した韓国の猫好きのお嬢さんがツィッター上に紹介していた一件です。

われわれには、制作者がタイトルを「だるまさんが転んにゃ」としたわけは、この動画を見れば解りますね。

ところが、このお嬢さんにはタイトルの意味が通じなかったらしく、動画の紹介文には「何度見ても面白い"かくれんぼ"」とありました。

そこで試しに、ツィッターのリプライの機能を通して、こういう遊びを韓国では何と言いますか?と尋ねたところ、次のような答えが返ってきました。

 映像の遊びは무궁화꽃이 피었습니다ですねー 

ハングル表記の部分は「ムクゲの花が咲きました」の意味にあたります。これによって、韓国にも日本と同じ遊びがあり、鬼になった子供は顔を隠しながらこういう文句を唱えるということが解りました。ムクゲ(ムグンファ<無窮花>)を国花とする韓国らしい唱え詞ですね。

さらに彼女からの答えの後に、日本ではこの遊びを何といいますか、とあったので、動画のタイトルのように言います、と教えたところ、それで納得したらしく、「だるまさんがころんだ」とは面白い、とたいそう興に入った様子でした。

こんなふとしたことから、両国共通の遊びがあり、その唱え詞がこんなに違うということを知りました。こういうことがあるからツィッターは面白い。ますます深みにはまりそう(笑)
[PR]

# by YOSHIO_HAYASHI | 2010-02-13 07:55 | 身辺雑記
2010年 01月 29日
卒業論文発表会
f0073935_730496.jpg
1月27日にゼミ恒例行事の卒業論文発表会が開かれました。

会場は、小田急線向ヶ丘遊園駅北口前のビル2階に本年度から開設された「専修大学サテライトキャンパス」内のスタジオA。

ゼミの四年次生のうち、私を主査とする11名と、ゼミとは別の「テーマ学習」に論文を提出した2名を合わせた13名が、それぞれの論文の概略と総括、さらに下級生へのアドバイスなどを盛り込んだ内容の発表をしました。

終了後、下級生から四年次生への花束贈呈があり、今年度で定年を迎える私も、学生たちの心の籠もった送別の品を頂きました。

夕刻からは会場を替えて追い出しコンパが開かれ、ゼミの卒業生たちもこれに駆けつけてくれました。当日参加された皆さんに改めて御礼申し上げます。
f0073935_7314663.jpg

  *撮影機材:RICOH GR-DIGITALⅡ 28mm f2.4
[PR]

# by YOSHIO_HAYASHI | 2010-01-29 07:32 | ゼミ行事
2010年 01月 24日
しばらくご無沙汰しました
f0073935_750934.jpg
このところ学期末の雑務に忙殺されて、しばらくブログの更新を怠っておりました。無事に過ごしていますのでご安心下さい。

最終講義の写真を載せるつもりでいたのですが、まだその画像が届いていないので、これは後日に改めてご披露いたします。

今週前半は、修士論文口述試験、教授会、卒業論文発表会と予定が続いています。その後、2月からは入試が始まりますが、そちらは退職にあたる年度なのでお役御免、これはまことにありがたい。

残る仕事は研究室引き渡しに向けた部屋の整理作業。これを済ませれば、ようやく待望の自由な時間を手にすることができます。それまでの二ヶ月を日々無事に過ごしたいと念じています。
f0073935_7511786.jpg
f0073935_7513115.jpg

*撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
[PR]

# by YOSHIO_HAYASHI | 2010-01-24 07:50 | 身辺雑記