タグ:地名字音転用例 ( 2 ) タグの人気記事

2010年 03月 30日
シタダミからフゲシへ -ツィッターの話題から- (10)
f0073935_71358.jpg
最後に、さきの(6)で触れた本居宣長『地名字音転用例』の問題に戻って、この項を終えることにします。

宣長はこの著作の中で、能登国の郡名「鳳至」を「不布志(ふふし)」とする元和本『和名類聚抄』の本文に基づき、この地名表記に「鳳」字を用いたのは、字音フウの韻尾ウをフに転用してフフに宛てたものと見なしました。

しかし前回までの検討の結果、「鳳至」は古くから「フゲシ」と読まれていたと見るべきであり、この点については宣長の説は訂正されなければなりません。

とは言え、宣長の説くところは基本的には正鵠を射ています。

フゲシという地名が「鳳至」と表記されるに至ったのは、和語としての地名に /フゲ+シ/ という分析を加えて、その/フゲ/に「鳳」を、/シ/に「至」を宛てたことによるものです。

そのような「好字」を選んだ結果として、この地名に《鳳が至る》という意味が生じましたが、それはあくまでも漢字の音を借りた表記に意味を持たせたに過ぎないものであり、この地名に本来そのような意味が備わっていたと考えるのは、本末転倒の誹りを免れません。

/フゲ/という和語の単位を表すのに「鳳」字を用いたのは、この漢字の字音韻尾が鼻音 -ng であり、それが第二拍の /ゲ/ を表すのに都合がよかったからです。ちなみに「鳳」の朝鮮字音 " (bong)" にはこの韻尾が残存していますが、日本語ではそれが後に u の音に転じたために、現在ではこの字に「ホウ」の音読みが用いられています。 (この項終り)

冒頭の画像は先日の旅先で信号待ちの間に車窓から撮ったモクレン。茨城県牛久市で見かけたものです。

私のツィッターログへは こちら からどうぞ。

*撮影機材:RICOH GR-DIGITALⅡ 28mm f2.4
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2010-03-30 07:14 | 言語・文化雑考
2010年 03月 20日
シタダミからフゲシへ -ツィッターの話題から- (6)
f0073935_6591640.jpg
そろそろ話を本題にもどすことにしましょう。

f0073935_6575984.jpg本居宣長に『地名字音転用例』という著作があります。前回まで取り上げたような、字音を転用した地名の例を丹念に集め、これを原理的に分類したもの。これは『本居宣長全集』第五巻(筑摩書房)などで読むことができますが、その中に問題の「鳳至」が「種(くさぐさ)ノ転用」例の一つとして取り上げられています。(左の画像参照)

ここに見るように、宣長は「能郡(=能登国の郡名)」の「鳳至」の読みを「不布志(ふふし)」とする文献に基づいて、この地名表記を、「鳳」の字音フウの韻尾ウをフフシの第二拍フを表すのに転用したものと見なしています。

しかし遺憾ながら、わずかこれだけの記述の中に、根本的な誤りが含まれています。

宣長が「鳳至」の読みを「不布志」としたのは、彼の使用したテキストが、すでにこの項の(2)で紹介した元和三年古活字版『和名類聚抄』であったことによるものと思われます。江戸期の他の多くの文人たちも、本書を参照する際にはこの流布版を使用しています。

ただし、この本文を全面的に信頼するのは危険です。これは他の文献についても同じ事が言えますが、後人の書写にかかる古文献には、必ずと言ってよいほど転写の間に生じた誤りが含まれているからです。

その例に漏れず、宣長が参照した版本の「能登国」の記事についても、写し誤りと見るべき箇所があり、そのことが彼の説に再検討を加える余地を残しています。以下、しばらくこの問題にお付き合い下さい。 (この項続く)


私のツィッターログへは こちら からどうぞ。

*撮影機材:PENTAX K-7 +SIGMA17-70mm f2.8-4.5 DC MACRO
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2010-03-20 06:38 | 言語・文化雑考