「ほっ」と。キャンペーン
タグ:連句 ( 74 ) タグの人気記事

2010年 03月 08日
文音四吟歌仙「陽だまり」の巻(挙句まで)
f0073935_6395267.jpg
前回の続きにあたる名残裏折立から挙句に至る付合の経過をご披露いたします。

   いわき文音四吟歌仙『陽だまり』の巻      宗海捌
                        起首 2009.11.21
                        満尾 2010.03.03

 発句 陽だまりに幼子遊ぶ落葉かな      笑女 三冬
 脇   木枯止んだ午後の縁先         禿山 初冬
 第三 ふるさとはボジョレイの宴華やかに   宗海 初冬
 四   スナップ写真ちょっとピンぼけ       女 雑
 五  封切りの映画に酔へば昇る月        山 三秋/月
 六   煉瓦通りに涼新たなり            海  初秋

 折立 洋館の庭にひらりと秋の蝶         女 三秋
 二   布教し続け早や二十年           山 雑
 三  老眼が兆して滲む辞書の文字        海 雑
 四   かはたれ時にすれ違ふ人        遊糸 雑
 五  楽しげな笑ひの声にときめいて        女 雑/恋
 六   座席に残る淡き移り香            山 雑/恋
 七  青野行く路遙かなり汽車の旅         海 三夏
 八   粋な浴衣で宿の月見る            女 三夏/月
 九  箸置に跳ねる兎と波二つ           糸 雑
 十   グルメガイドに選ぶひと品          海 雑
 十一 峰白き酪農の地は花の時           山 晩春/花
 折端  揺れるふらここ宇宙への夢         糸 三春
名残表
 折立 公園で龍馬伝読む春日和          女 三春
 二   千代見習へとせびる小遣          山 雑
 三  新機種も半年後には次が待つ        海 雑
 四   成人式は母の振袖              女 新年
 五  告白を心に決めるけふこの日        糸 雑/恋
 六   君がまぶしいライブ打上げ         海 雑/恋
 七  オフシーズン北のドームは模様替へ    山 雑
 八   気球に乗って大地見下ろす         糸 雑
 九  植ゑ付けし畑一面深緑            女 雑
 十   友の土産に買ふずんだ餅          山 雑
 十一 湯の町を歩めば月は天心に         海 三秋/月
 折端  木の実時雨の乱す池の面(も)      女 晩秋
名残裏

 折立 どぶろくはさあ飲み頃とのぞく甕      糸 晩秋

打越から二つ続いた秋の季をもう一句続けます。「どぶろく」が晩秋の季語。前句の波立つ水面の場面からこの液体が発酵する様子へと連想をはたらかせて転じたもの。会話体も軽妙な味を出すのに効果を上げています。

 二   二年ぶりにて戻る出稼ぎ         海 雑

前句の人物を、夫の帰りを首を長くして待つ妻と見定めて、その夫の立場で付けたもの。このように別の人物をもって前句に対する手法を「向付(むかいづけ)」と呼びます。

 三  着飾って父祖の地で舞ふフェスティバル   山 雑

前句の「戻る」から「父祖の地」を引き出し、これを「付所(つけどころ)」として華やかな雰囲気へと付合の流れを変えました。

 四   曳く声高く手繰る鯛網          女 晩春

「鯛網」が晩春の季語。前句の「父祖の地」を瀬戸内海あたりの沿岸地方と見定めて、前句の祭の賑わしさに位を合わせて大漁の場面を詠んだもの。

 五  独居に花の香添へて届くふみ        糸 晩春/花

名残裏の五句目は「花の定座」。ここは新たに参加された糸遊さんへの歓迎の意を込めて、「花を持」って頂くことにしました。前二句の賑やかな世界から一転して、独り住まいのご老体に手紙に添えて届けられた香りの高い花の句です。

 挙句  のどかな午後に雑巾を縫ふ        山 三春

いよいよ挙句。前句の人物が春の日差しを浴びて縁側で雑巾を縫う姿が、挙句にふさわしくさらりと詠まれています。これにてめでたく一巻の満尾を迎えました。

*撮影機材:R-D1+SUPER ROKKOR45mm f2.8
*撮影地:東京浅草
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2010-03-08 06:32 | 詩歌管弦
2010年 03月 07日
文音四吟歌仙「陽だまり」の巻(名残表折端まで)
f0073935_6474672.jpg
前回の続きにあたる名残表七句目から折端に至るまでの付合の次第をご披露いたします。

   いわき文音四吟歌仙『陽だまり』の巻      宗海捌
                        起首 2009.11.21

 発句 陽だまりに幼子遊ぶ落葉かな      笑女 三冬
 脇   木枯止んだ午後の縁先         禿山 初冬
 第三 ふるさとはボジョレイの宴華やかに   宗海 初冬
 四   スナップ写真ちょっとピンぼけ       女 雑
 五  封切りの映画に酔へば昇る月        山 三秋/月
 六   煉瓦通りに涼新たなり            海  初秋

 折立 洋館の庭にひらりと秋の蝶         女 三秋
 二   布教し続け早や二十年           山 雑
 三  老眼が兆して滲む辞書の文字        海 雑
 四   かはたれ時にすれ違ふ人        遊糸 雑
 五  楽しげな笑ひの声にときめいて        女 雑/恋
 六   座席に残る淡き移り香            山 雑/恋
 七  青野行く路遙かなり汽車の旅         海 三夏
 八   粋な浴衣で宿の月見る            女 三夏/月
 九  箸置に跳ねる兎と波二つ           糸 雑
 十   グルメガイドに選ぶひと品          海 雑
 十一 峰白き酪農の地は花の時          山 晩春/花
 折端  揺れるふらここ宇宙への夢        糸 三春
名残表
 折立 公園で龍馬伝読む春日和          女 三春
 二   千代見習へとせびる小遣          山 雑
 三  新機種も半年後には次が待つ        海 雑
 四   成人式は母の振袖              女 新年
 五  告白を心に決めるけふこの日         糸 雑/恋
 六   君がまぶしいライブ打上げ          海 雑/恋

 七  オフシーズン北のドームは模様替へ    山 雑
 
恋が二句続いたので七句目は恋を離れることにしましょう。前句の「ライブ」を付所として「ドーム」を引き出し、それを北の地に見定めました。
 
 八   気球に乗って大地見下ろす        糸 雑

前句の場景を「気球」から俯瞰したものと見てこれに応じたもの。視点が大きく動いたことで付合に新たな流れが生まれました。

 九  植ゑ付けし畑一面深緑            女 雑

前句の「大地」に別の景を点じたもの。あざやかな色彩も加わって付合に別の趣が添加されました。

 十   友の土産に買ふずんだ餅         山 雑

前句の「深緑」から同じ色合いの「ずんだ餅」を思い浮かべたもの。このような付け方も転じを図る上で有効な手法です。

 十一 湯の町を歩めば月は天心に        海 三秋/月

十一句目は三度目の月の定座。前句の「土産」にちなむ場景として、温泉町に月を昇らせました。ここから秋に入ります。

 折端  木の実時雨の乱す池の面(も)      女 晩秋

「木の実時雨」は木の実の落ちる音を時雨に聞きなした晩秋の季語。前句の「湯の町」に似合わしい場景として池を思い浮かべ、池面に落ちる木の実の拡げる波紋を写し取ったもの。折端にふさわしい静かな句でこの面が締めくくられました。 (この項続く)

*撮影機材:R-D1+SUPER ROKKOR45mm f2.8
*撮影地:東京浅草地下商店街
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2010-03-07 06:52 | 詩歌管弦
2010年 03月 06日
文音四吟歌仙「陽だまり」の巻(名残表六句目まで)
f0073935_11184342.jpg
昨年11月に始まった文音歌仙の付合は、このたびめでたく満尾を迎えました。

途中、名残表に入ったところからの運行報告が滞ってしまい、まことに申し訳ありません。
前回の付合の続きを、以下三度にわたってご披露いたします。なお前回までの運びは、お手数ながら、ページ右側にある「連句」タグをクリックして御覧ください。

================================

   いわき文音四吟歌仙『陽だまり』の巻      宗海捌
                        起首 2009.11.21

 発句 陽だまりに幼子遊ぶ落葉かな      笑女 三冬
 脇   木枯止んだ午後の縁先         禿山 初冬
 第三 ふるさとはボジョレイの宴華やかに   宗海 初冬
 四   スナップ写真ちょっとピンぼけ       女 雑
 五  封切りの映画に酔へば昇る月        山 三秋/月
 六   煉瓦通りに涼新たなり            海  初秋

 折立 洋館の庭にひらりと秋の蝶         女 三秋
 二   布教し続け早や二十年           山 雑
 三  老眼が兆して滲む辞書の文字        海 雑
 四   かはたれ時にすれ違ふ人        遊糸 雑
 五  楽しげな笑いの声にときめいて        女 雑/恋
 六   座席に残る淡き移り香            山 雑/恋
 七  青野行く路遙かなり汽車の旅         海 三夏
 八   粋な浴衣で宿の月見る            女 三夏/月
 九  箸置に跳ねる兎と波二つ           糸 雑
 十   グルメガイドに選ぶひと品          海 雑
 十一 峰白き酪農の地は花の時           山 晩春/花
 折端  揺れるふらここ宇宙への夢        糸 三春

名残表
 折立 公園で龍馬伝読む春日和         女 三春

これより名残の折。折立(おったて)は打越から二句続いた春季を受けて、もう一句春を続けます。前句を公園の場景と見て、そこのベンチで春の日差しを受けて読書をする人物を配しました。付合当時の話題TVドラマを句材に用いた時事句でもあります。

 二   千代見習へとせびる小遣         山 雑

前句までに春季が三句続いたので、ここは春を捨てて雑(無季)の句を。前句の行為者を妻に小遣いをねだる人物と見立てた人情句。龍馬から山内一豊へと、歴史上の人物にからむ連想がはたらいています。

 三  新機種も半年後には次が待つ      海 雑

三句目も雑の句。小遣いの使途ということから、たちまちモデルチェンジに見舞われる当今の世相へと転じました。

 四   成人式は母の振袖            女 新年

前句の「新機種」を付所に、それとは対照的な母から子への移行という人事に転換して、成人式の振袖を取り出した転じの面白さが眼目。「成人式」を新年の季語として扱いました。

 五  告白を心に決めるけふこの日       糸 雑/恋

五句目は、前句を恋の呼び出しと受け取って恋句を仕立てたもの。登場人物の行為を自らのものとして詠じた「人情自」句にあたります。

  六   君がまぶしいライブ打上げ       海 雑/恋

前句の人物を音楽関係者と見て、同じ位を見立てて付けたもの。「位付(くらいづけ)」と呼ばれる手法です。  (この項続く)

*撮影機材:R-D1+SUPER ROKKOR45mm f2.8
*撮影地:東京浅草馬道通り
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2010-03-06 12:00 | 詩歌管弦
2009年 12月 31日
文音四吟歌仙「陽だまり」の巻(初裏折端まで)
f0073935_1252132.jpg
文音歌仙の付合は初裏折端にさしかかったところで、年末年始の繁忙期ということでしばらく休止、新年にふさわしく新しい折から再開することになりました。これまでの運びは次のとおりです。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-12-31 12:48 | 詩歌管弦
2009年 12月 20日
文音四吟歌仙「陽だまり」の巻(初裏十一句目まで)
f0073935_12531410.jpg
遊糸さんが加わって初裏四句目から四吟となった文音歌仙の付合は、初裏十一句目まで進みました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-12-20 12:41 | 詩歌管弦
2009年 12月 11日
文音四吟歌仙「陽だまり」の巻(初裏五句目まで)
f0073935_10504023.jpg
文音歌仙の付合は初裏五句目まで進みました。四句目から遊糸さんが一座されることになったので、以後はこれまでの三吟から四吟歌仙に切り替えて付け進めます。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-12-11 10:54 | 詩歌管弦
2009年 12月 06日
文音三吟歌仙「陽だまり」の巻(初裏三句目まで)
f0073935_12352135.jpg
文音歌仙の付合は初折裏三句目まで進みました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-12-06 12:28 | 詩歌管弦
2009年 12月 03日
文音三吟歌仙「陽だまり」の巻(初表六句目まで)
f0073935_12374999.jpg
文音歌仙の付合は、初表六句目まで進みました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-12-03 12:12 | 詩歌管弦
2009年 11月 28日
文音三吟歌仙「陽だまり」の巻(初表四句目まで)
f0073935_12425128.jpg
文音歌仙の付合は、初表四句目まで進みました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-11-28 12:42 | 詩歌管弦
2009年 11月 26日
文音三吟歌仙「陽だまり」の巻開巻
f0073935_7242316.jpg
本年8月に満尾した「マロニエ」の巻の後を受けて、通巻第4巻にあたるメール文音歌仙「陽だまり」の巻の興行が21日から始まりました。

続きはこちら・・・
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2009-11-26 07:28 | 詩歌管弦