2006年 09月 29日
韓國逍遙録#2 路地篇(2)
f0073935_7595944.jpg
今日もまたインサドンの路地写真です。
路地フェチと言われても甘受いたします(笑)



なかには人とすれ違うのがやっとというくらい細い道もあり、いったい火事が出たらどうするのだろうなどと、つい余計な心配までしてしまいます。

しかし翻って考えれば、そういうおせっかいをもう一歩役人風に進めると、法律で縛ってそのような場所にパワーショベルを入れる方向に向かうことになります。日本の街並みを段々つまらないものにしていく元凶は、そういうところに巣くっているのでしょうね。

なにからなにまで見た目を綺麗にすればいいというものではありません。それはやがて病的なものにつながっていきます。

事は街並みだけの問題ではありません。その兆候は日本のそこかしこに現れています。
「美しい国」などという、大衆受けをねらった空疎なお題目も、そういうところから出てきた代物でしょう。
f0073935_804490.jpg

f0073935_811754.jpg
f0073935_813450.jpg
f0073935_82057.jpg
f0073935_814851.jpg
f0073935_822821.jpg
f0073935_824248.jpg
f0073935_825962.jpg
f0073935_831043.jpg

 *撮影機材:R-D1+NOKTON classic40mm(SC) f1.4
[PR]

by YOSHIO_HAYASHI | 2006-09-29 07:59 | 旅行


<< 韓國逍遙録#3 飲食物篇(1)      韓國逍遙録#1 路地篇(1) >>