人気ブログランキング |
2007年 07月 14日 ( 1 )

2007年 07月 14日
肝心カナメ(1)
f0073935_64831.jpg 与一、鏑(かぶら)を取ってつがひ、よっぴいて、ひゃうど放つ。
 (中略)浦響くほど長鳴りして、あやまたず扇のかなめぎは
 一寸ばかりを射て、ひいふっとぞ射切ったる。

                        (平家物語・巻十一)

『平家物語』の中でもよく知られた、那須与一が平家の船に掲げられた扇の的を見事に射抜く場面。「鏑(かぶら)」というのは、放たれた時に高い音が出るように、小さな穴のあいた空洞のある丸い矢尻を付けた矢のことで、その形が野菜のカブラの根に似ているところから、そのように呼ばれます。

続きはこちら・・・

by YOSHIO_HAYASHI | 2007-07-14 06:02 | 言語・文化雑考